日本政策金融公庫の創業融資審査における面談では何をすればいいの?

創業融資

創業融資を受けようとするうえでまず多くの方が考えるのは、日本政策金融公庫(日本公庫)の「新創業融資制度」です(以後「公庫融資」といいます)。

この公庫融資は、これから事業を始めようとしている方で、創業融資を受けたいと考えている方にとって非常にありがたいものです。

なぜなら「無担保・無保証人で開業資金が借りられる」「手続きが簡潔で分かりやすい」「融資までのスピードが速い」といったメリットがあるからです。

そういったことからも創業希望者にとっては、とても人気の高いこの公庫融資ですが、もちろん
すんなり借りられるといったことはありません。融資にはちゃんと審査があります。そしてこの
公庫融資の審査でもっとも重要になるのが担当者との「面談」です。

面談ではあなたの経営者としての資質が試される

この公庫の創業融資審査における面談は、これから経営者としてやっていくうえでもその試金石となるであろうとても大事な場であると考えます。

これから経営者としてスタートするあなたにとっては「お金」というのは何より大切です。事業を進めていくうえでお金を必要とする機会はこの先いろんな場面でやってきます。

 

そこであなたが事業を経営していくためにしっかりとお金を融資してもらえるのかどうか、それを最初に試されるのがこの「面談」というわけです。

もちろん創業融資での面談は初めてという方も多いので、必要以上に緊張されるという方も多いかと思います。

 

ただ自分は緊張するので、面談で思ったことがしゃべられなくて、これが原因で融資が受けられなかったということは絶対に避けなくてはいけませんよね。

そこで公庫の創業融資の審査の流れについて確認してもらい、さらに面談で緊張しない方法についてもお話ししたいと思います。

公庫融資の面談までの流れについて

まず公庫に創業融資の申し込みの手続きをしてからしばらくすると公庫から面談の日時と場所が記載されたはがきが届きます。

そのときに面談時に必要な書類などが書かれてありますので、当日までに忘れずに用意しておいて下さい。

面談の場所は、個人事業の場合は、その事業を行う場所、法人の場合は、その事業を行う会社の本店所在地がある日本政策金融公庫の支店で行うことになります。

もし面談の当日が都合が悪くなって日時を変更したいといった場合は、早めに日時変更するということを連絡するようにしてください。

公庫融資の面談の流れについて

この公庫融資での面談ですが、基本1回限りで、それ以上は行われることがありません。したがってこの面談で融資の可否が決定されますので、事前にしっかりと準備をしていくことが大事です。

面談は基本的に担当者と申込者の1対1での形で行われます。ただし最近は士業などの専門家も
その場に同席もできるようなところもあるようなので、詳しくは公庫までお問い合わせください。

 

ただしこの場合でも面接担当者が話を聞きたいのは経営者の方であって、専門家の方ではない
ので、きちんと自分の言葉で答えられるようにしっかり用意しておいてください

そこで持ってきた書類を確認してからいよいよ面談がスタートする運びとなります。

公庫融資の面談で聞かれることは?

面談では、事前に提出した融資申込書や創業計画書の中身に沿って面談が行われることになります。

そして気になる面談で聞かれることについては、おおよそ次のようなものになります。

1.事業を始めようと思ったきっかけ
2.事業の経験やキャリアについて
3.自己資金について
4.開業資金の使いみちについて
5.どうやって売上げを出すのか
6.売上げから返済の原資が捻出できるのか

もちろん質問の中身については人によって異なりますが、この中でも担当者が特に気になる点については重点的に聞かれますのでその辺は知っておいてください。

これらのことが中心に面談が行われますが、ただ他の面接者も控えておりあまり面談に時間はかけられませんので、基本担当者が聞いてきたことにだけ答えるようにして余計な話はしないようにしてください。

公庫融資の面談のときに注意するべきこと

面談の時に注意すべきこととしては、やはり一般常識として押さえておくべきことはしっかりと押さえておかないといけません。

たとえばきちんとした身なりで行くことは大事です。自分はこれから経営者として自分の事業の顔として活動するわけですから、汚いカッコをしてたり、過度なファッションをしたりするなどは担当者の印象が悪くなってしまいます。

また面談の場面においても、下を向いてぼそぼそとしゃべったり、早口でしゃべったりといったこともマイナスの印象を与えてしまいます。

そういう意味では、まず担当者に悪い印象を与えないようにすることが大切です。たとえば入社面接などと同じようにとらえて面談に臨むようにしてください。

面談で緊張してしまう!そんなときの対策法とは?

でもやっぱり慣れない場所での面談となれば緊張してしまいますよね。とくにこれから事業がうまく始められるかどうかがこの面談の成果にかかっているのであればなおさらだと思います。

そういった面談での緊張を押さえるにはやはり事前にたくさん公庫に「相談に行く」ことが大事だと思います

相談に行くことで緊張が和らぐだけでなく、自分の事業計画についてどこがよくないのかといった
ことについても的確に教えてもらえます。もちろんこれは無料でやってもらえますので、今までたくさんの事業プランを見てきたプロにタダで診てもらえるのでやらない手はありません。

こうすることでだんだん雰囲気に慣れてくるようになり、自分の事業計画を見直すこともできるので、まずは申し込む前にたくさん相談するようにしてください。これでだいぶ本番での緊張が和らぐのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?今回は日本公庫の新創業融資の面談の流れについてお話してまいりました。

やはりこの面談はとくに一回きりなので事前に準備をしてから臨むことは大事だと思います。

必要以上に緊張するのであれば士業などの専門家に同席もお願いすることもできますので、まずは自分でしっかりと準備してから面談に臨むようにしましょう。

【無料レポート】はじめての創業融資ガイドブック~6つのステップ~

43ページに渡り、創業融資をするうえでの基本となる考え方や創業融資を受ける際の注意点やアドバイスなど、創業支援の専門家がわかりやすく解説しています。ぜひあなたの創業にお役立てください。

創業融資
セイケトシヒロをフォローする
創業融資はコワくない!~創業融資攻略ブログ
タイトルとURLをコピーしました